kira☆kikaku neokirahoshi.exblog.jp

絵本の読み語りや文学作品の朗読をしています。宮沢賢治が大好きです!


by kirahoshi
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

池田町の七色大カエデ


信州の秋は一瞬…。


a0363825_20441822.jpg

池田町・大峰高原の七色大カエデは、最後の最後まで見事です

a0363825_20431269.jpg

北アルプスの山々には冠雪…冬も間もなくです。

a0363825_20422337.jpg



[PR]
# by kirahoshikikaku | 2017-11-03 20:50 | 長野

穂高神社御船祭

水のきれいな安曇野は、北アルプスの山々の裾野に広がっています。

a0363825_21461504.png

安曇野のルーツ・安曇族は、九州から渡ってきた海人族なのだとか…それだからか、安曇野の祭りは船の形の山車を曳きまわします。

高さ6メートル長さ12メートルにもなる巨大な船に歴史上の名場面が人形で表現されていて、下にはお囃子の人たちが乗っています。

祭りのクライマックスには船が激しくぶつかり合い、すごい迫力です!!




[PR]
# by kirahoshikikaku | 2017-10-21 21:53 | 長野

安曇野カヌーツーリング


水のきれいな安曇野で川下りをしました。

先生はこの方!カヌー犬のベル船長です。

a0363825_08161415.png

万水川の豊科運動場前をスタート。大雨の後で水量多くどんどん進んで(流されて?)
行きます。途中、NHK朝ドラ「おひさま」ロケ地を通ります。

a0363825_08182469.jpg

大王わさび農場の水車小屋に立ち寄りました。黒澤明監督の映画「夢」のロケ地です。
この辺りは北アルプスの湧き水が豊富で本当に水がきれい…。

a0363825_08192783.jpg

さらに下って(流されて?)行くとやがて穂高川、高瀬川と合流し大河・犀川へ。

波立つ流れを相手に見様見真似で必死にオールを操っていますが…。

a0363825_08200487.png

中州で休憩すると、先生は砂まみれになって喜んでおられました。

a0363825_08205087.jpg

川旅はさらに続き、カヌー活動拠点の龍門渕公園を過ぎてしばらく漕ぎ続けました。

a0363825_08213223.jpg

なぜか、一緒に下ってきた野菜たち…。

a0363825_08224258.png

初めてのカヌー、とても楽しかったです!そして翌日は、全身筋肉痛に襲われました…。


[PR]
# by kirahoshikikaku | 2017-10-15 08:31 | 長野

軽井沢文学散歩

夏と秋の境に、軽井沢へ行ってきました。

旧軽銀座は人でいっぱい。でも一本入ると静かな佇まいの室生犀星記念館…。

犀星が昭和6年から36年まで毎夏を過ごし、戦争中は疎開生活もしていた家です。

a0363825_20032294.jpg

銀座を碓氷峠の方へ遡っていくと、芭蕉の句碑がありました。

「馬をさへ ながむる 雪の あした哉」(野ざらし紀行)

a0363825_20245153.jpg
犀星が自ら費用を出し、土地の選定、設計を手掛けたという詩碑「切なき思ひぞ知る」は、矢ケ崎川のほとりのすてきな場所にありました。
a0363825_20112627.jpg


a0363825_20175052.jpg
そしてさらに道を行くと本格的なハイキングコースになってきて…

a0363825_20301608.jpg

正宗白鳥詩碑が建っていました。

「花さうび 花のいのちは いく年ぞ 時過ぎてたづぬれば 花はなく あるはただ 
いばらのみ」(白鳥が日常愛唱したギリシャの詩が自筆で刻まれている)

a0363825_20351508.jpg
そっと静かに佇む詩碑たちはとてもすてきで、しばし文人たちをしのびました。


途中、諏訪神社でご神木のパワーをもらい

a0363825_20404063.jpg

秋の気配を感じながら、文学散歩を楽しみました。

a0363825_20043440.jpg


[PR]
# by kirahoshikikaku | 2017-10-08 07:35 | 長野

京都

a0363825_09264159.jpg
先月、ひさしぶりに京都でほっこり…しようと思ったらすごい混雑でびっくりしました。

とにかく、どこへ行っても観光客が多く(今は私も観光客・笑)観光スポット周辺は大変なことになっていますが、比叡山での宮沢賢治忌法要、豊中市の民家集落博物館の「宮沢賢治の童話がたり」はいつものように心静かに…よい時間を過ごすことができました。
毎年のこのようなことが、私にとってとても心安らぐ大切なことです。



a0363825_09315263.jpg

そして秦家の「親子会」におじゃまして、親子の皆さんと一緒にお月見の支度を体験しました。こどもたちは、お団子を作ったり薄を活けたり…とても楽しそうでした。

以前と同じように京都で過ごしながら、しばし京都市民にもどったような気分になり、とてもなつかしくなりました。

それにしても、訪れる度に変わっていく京都の風景には驚くばかりです。

10年間、朗読会を続けていた町家もマンションになり、まるで知らない場所になってしまいました。
なんだか淋しいことです…。









[PR]
# by kirahoshikikaku | 2017-10-02 09:45 | 京都

イーハトーブの風景



夏の終わりに、イーハトーブでパワーチャージしてきました。



宮沢賢治が大好きな私は、パワーがなくなってくると岩手に行くのですが、そのイーハトーブの風景と人には本当にいやされます。今回も、花巻・水沢そして沿岸…すてきな景色を見ながら、イーハトーブの皆さんと尽きないおしゃべりを楽しんできました。




水沢でたくさんおしゃべりをした帰り道に見た夕焼け。


a0363825_20380903.jpg


久慈では、「あまちゃん」観光をし…。


a0363825_20395052.jpg


賢治さんの故郷・花巻で


a0363825_20422442.jpg

ゆっくり湯治…。

a0363825_20430207.jpg


そして大沢温泉湯治部支配人さんによる「支配びとライブ」に初めて参加しました。


a0363825_20431902.jpg

やさしい歌声とギターの音色…心がほっこりしました。


湯治とは、体だけでなく心もいやしてくれるのだと、思ってはいたけれど…。


お湯だけでなく、そこにいる“人”の効果は、密かに大きいのです…。

番頭さんたちの、見守りながらそっとしておいてくれるところは“大沢”ならでは。


そうして私、いつの間にか10年を超える大沢リピーターになっていたことを知りました…。










































































[PR]
# by kirahoshikikaku | 2017-09-15 21:23 | 岩手

引っ越しのご挨拶

開設して10年になるブログ(http://kirahoshi.exblog.jp/)がもりだくさんになったので引っ越しました。

ブログだけでなく私自身も京都から信州に引っ越して…でも変わらぬご縁が京都にも岩手にもあるので、なおさら旅が多くなり楽しいことです。心安らぐ風景や人に出会ったら、ぼちぼち綴っていきたいと思います。




[PR]
# by kirahoshikikaku | 2017-09-06 12:57